認定駐車場を活用するメリット

認定駐車場と言いますのは国土交通大臣が認定する立体の駐車場ということを意味します。立体駐車場を構築するには国の法律に沿いながら作り込むことが不可欠です。国の法律においてはユーザーが安全に活用することができるために、とりわけ火災に対し色々な配慮並びに設備をセットすることが求められています。しかしながら、こうした配慮、あるいは設備を構築するにあたり決まった法律を順守した状態で作り上げると費用が大きく、さらにこのことによって活用することが出来る広さの制約を受けます。

以上のような制約を軽くするために防火性能、あるいは耐火性能の検証をして、建築基準法に基いて機関によって検査をしてもらい国土交通大臣サイドから認定を受けることを通して決まった法律の制約が緩められ能率のいいものを作ることが可能となっています。ひとつの例として敷地につきましては従前は1階は3メートル、2階からは5メートル離す必要があります。これに関しては火災上における延焼に歯止めをかけるためのものですが、認定をしてもらうことで1メートル以上にできます。それに加えて耐火被覆に関しても要らなくなり、防火区画が軽くなり消火のための設備の特例を受けることが可能なので、外観も余計なものが付いていないものにすることが実現可能です。

認定駐車場としては製造メーカーが先だって準備したものを組み立てるメソッドがあります。こうした場合には建設費用や時間を従来と見比べて短縮できるアドバンテージがあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*