コインパーキングによる土地活用法

コインパーキングを展開する企業は、狭い土地や辺鄙な地形な土地でも、形や広さに応じた最も有効な土地活用をご提案しています。土地の所有者であるオーナーに、定額にて土地を借り上げ、コンサルティングや経営計画、現場設計から工事まで、維持や管理に保守業務に至るまでのをトータルプロデュースをします。私の所有する土地は駅前に120坪の放置された土地が、親から受け継いでおり、固定資産税の負担を避けるため、コインパーキングを展開する企業に相談することにしました。毎月の固定賃料は15万円で、やや低めに設定されていますが、なにもせずに収入が得られ、固定資産税と所得税を除いても年間に120万円のプラスとなります。

コインパーキングの開設に必要な設備は企業側の負担となり、契約終了時には、土地は現状復帰が約束されるなど、貸す側にデメリットがありません。あえて言うならば、個人で月極め駐車場を展開することに比べれば、収益性が悪いのですが、整地やライン引き、賃料滞納、空車リスクなどを考えれば、毎月の固定家賃が振り込まれることはメリットが多いと言えます。三角地帯や狭い土地であっても有効的に駐車場として活用するノウハウを持ち、オーナーの土地に合わせた借り上げとなるため、デメリットを上回るメリットとなるでしょう。清掃からメンテナンス、苦情等のトラブルのすべてが企業側で行われるため、何もせずに貸しているだけで収入となる有利な土地活用となります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*