コインパーキングには

自動車社会へと成長を遂げてきた日本では、多くの自動車が町中を走っています。今の世の中においては、自動車は日常生活には無くてはならない存在になってきています。一家に一台とも言われた時代から今では一人一台となっている事がその変貌を象徴しています。その一方で、自動車に興味が無い若者が増えており「若者の自動車離れ」が社会的にも問題視されていて、自動車業界では、多くの課題がまだまだあります。

社会的な環境の変化により、道路交通法も改正され違法駐車に対する罰則も厳しくなりました。自動車を購入する際には、駐車場が確保されていなければ購入する事が出来なくなり、免除されていた「軽自動車」にも適用されるようになりました。それらに伴い街中でも多くのコインパーキングが次々に誕生しています。コインパーキングは、不特定多数の駐車場利用者が空いている車室に駐車することが出来る駐車場で、それを利用した時間分の料金を支払う駐車場のことです。

24時間無人の時間貸しで営業を行う場合が多く、一定の収入が得られることからも土地の有効利用という面もあります。駅周辺などの都市部では、その利用者の需要が多くあるために時間当たりの利用料金が地方都市と比べて高額に設定されています。最近においては、24時間まで一定料金となっている場合も見受けられます。それだけ、利用者のニーズが多くあるといえます。

また、コインパーキングを利用したにも関わらず利用料金を踏み倒すという悪質な行為も多くあり、新たな問題となっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*