クルマの車種と駐車場

都市部では駐車場代の負担がクルマ離れの一因といわれていますが、少ない設備投資で始められて、やめるときのリスクも少ない駐車場経営は土地の所有者には魅力です。また、機械式や立体駐車設備の普及で供給量は増え、価格競争も起こっているのは、利用者にとってはうれしいことです。ところで、最近の車のトレンドは、コンパクトなのに車内が広い車が人気です。コンパクトボディなのに中が広いと感じる車は、車高が高い車です。

ワンボックスや大型セダンなど、はじめから大きいとわかっている車は、駐車場の制限にも気を付けますが、背が高くてもコンパクトな車種では、オーナー自身が大きさに自覚を持っていないため、駐車場の制限に注意が及ばないことがあります。車の高さが1550センチを超えると、一般的な機械式駐車設備の制限におさまらないので、注意しましょう。駐車場の賃貸契約は、初期費用は、敷金1カ月分で礼金が不要など、一般的な住居の賃貸契約よりは金額も少ない場合が多いことに加えて、引越費用も必要ありません。賃貸住宅では、引越し後に、原状回復費用などの請求を受けることもありますが、車の場合は、相殺される費用もないので敷金も全額返金されます。

自分の車種に合わせて、合理的で手ごろな条件の物件を見つけたら、短期間で移転をしても経済的メリットはあります。または、近隣の割安な物件の条件を、現在契約しているオーナーに価格交渉してみるのも効果的です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*