駐車場での当て逃げは絶対にしてはいけません

コンビニの駐車場に車を停めていた所、ぶつけられ、そのまま逃げられたという経験の持ち主もいると思います。それは当て逃げという罪になります。当て逃げとは、車や建物などある物体に車を衝突させ、その後現場から逃げることを指しています。もちろん、これは駐車場だけに当てはまるわけではありません。

公道で車をぶつけた場合も、そのまま逃げるならば当て逃げの罪となります。駐車場で不注意が原因で他人の車にぶつけてしまうということは意図的ではありませんが、しかしその後、その現場から立ち去るということは意図が働いています。したがって、当て逃げをした場合には罪が重くなります。通常の物損事故ですと、損害を賠償するだけですみます。

違反点数や懲役などは全くありません。しかしながら当て逃げした場合には行政処分、そして刑事処分の両方が待ち受けています。当て逃げをしますと点数は5点となります。さらに安全運転義務違反の2点も加算されて合計7点引かれることになります。

刑事処分は罰金刑となります。1年以下の懲役刑かまたは10万円以下の罰金となりますが、罰金で済まされることがほとんどといえます。他人の車にぶつけますと気が動転し、そのまま逃げてしまうという人も少なくないようです。しかし、それはのちのち大きなトラブルとなり、警察での事情聴取ということにもなりかねません。

それで逃げることなく現実を見据え、しっかりと対処することが重要と言えます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*