駐車場内での行動の仕方に気を付ける

駐車場と言うのは、車を所有して利用している人はもちろんですが、利用していない人も気を付ける必要があるスペースです。と言うのも、車が出入りする場所であり、事故が起きる確率が高いからです。例えば、一戸建ての駐車場ではまずないことですが、マンションの駐車場ですと、よその子どもが入ってきてウロウロしていたり、自転車で走り回ったりしていることがあります。何かあってからでは遅いですから、声をかけたりしながら、注意して車を動かすことが大切です。

なお、これは子どもが悪いと言う単純な話ではなく、親が気を付けるべき部分でもあります。子どもがこういった所で遊んだりしていないか、と言ったことを把握しておき、もしその時には行かないように注意すると言ったことも親の務めです。中には、子どもと一緒になって駐車場内で遊んでいると言う信じられない親もいます。こういったことをすると、子どもも自分も危ないだけでなく、駐車してある車にぶつかったり、物をぶつけてしまうこともあります。

なお、そのマンションが機械式の駐車場の場合には、機械の中に落ちてしまうと言う大きな事故につながる恐れもありますので、十分注意が必要です。また、機械操作をしていて、車がまだ上がり切っていない時に機械の内側に足を踏み入れるのはとても危険です。これは、信号待ちで道路のギリギリの所で待っているようなもので、そんなことをしたところで大して時間は変わりませんから、適度な距離をとって待機しおくことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*