月極め駐車場とコインパーキングの違い

レンタカーのほかにも、カーシェアリングで利用したいときに利用する選択肢が増えたことや、都市部では駐車場代の負担も大きく、維持費を払うよりも、クルマが必要なときだけ使う人が増えています。都市部を中心に車離れが話題になって久しいですが、土地活用では、貸家を建てると借地権や借家権が保護されて、自分で利用したいときに使えなかったり、売却をすることも難しくなるので、比較的やめるのも簡単な駐車場経営は土地オーナーにとっては強い味方です。その一方で、住居と違って引越しの費用もかからず、契約費用も少額な駐車場では、利用者がより安い条件を求めて移動するのも容易で、価格競争に巻き込まれやすいのがデメリットです。そこで、大手パーキング事業者のコインパーキングに一括で貸す方法も選択肢です。

大手パーキング事業者は、駐車場用地を一括借り上げして、稼働率が高くなったり、下がっても、毎月の賃料は一定なので、リスクがありません。パーキングに必要なタイヤ止めや精算機などの機材の費用はすべてパーキング業者が負担して、初期投資がないのも魅力です。パーキング業者は初期投資を回収するため、最初の二年間や三年間など、最低契約期間を決めて、その期間内に解約をすると、契約賃料の3カ月分の違約金が必要など、条件を決めていますが、反対に言えば、最低3カ月賃貸していれば、違約金の分も持ち出しにはなりません。また、パーキング事業者が巡回してくれるので、駐車場の管理もできて一石二鳥です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*